とまとの雑記

自己分析とか

こんばんは、とまとです。

今日は、メモも兼ねてちょっと書いておきたいことを書きます。自己分析について!
就活してる人は、見てもいいですけど見なくてもいいです!笑

DiSC理論

DiSC理論ってのがあるらしいですよ。

f:id:projectormato:20180322234959p:plain 出典:CICOM BRAINS「行動特性で整理する自己分析ツール」

こういう感じのよくありそうなやつですね。

  • 主導型(Dominance)
    意思が強く、行動的でチャレンジ精神に富む、ようはイケイケオラオラです。
  • 感化型(influence)
    明るく社交的な性格で、人と接するのを好む、会った時「うぇーい」って言っとけば大丈夫な感じの人たちです。
  • 安定型(Steadiness)
    コツコツと頑張る粘り強さがある、思いやりのある人たちですねー。
  • 慎重型(Conscientiousness)
    細かい所にこだわりを持ち、些細なミスや間違いも許さない、機械的と呼ばれることもあるかもしれませんね。

DISC 性格類型検査 | vonvonで診断出来ます!

目的と矛盾

大事なのはこれからで、これらはどれが良くてどれだとダメってものではないんですね。

心理タイプや性格を測定することを目的としているのではなく、パフォーマンス向上のために調節あるいは変化させることが可能な「行動」にフォーカスしています。

出典元に全てが書いてありますね。
これらのタイプは調節・変化出来るんです!例えばコミュニケーションや就活で、自分がどのタイプなのか理解していて、相手がどんなタイプなのかを理解することが出来れば、互いに近づいていけるんですよ。きっと
Dとかiの人は、話や行動のペースがCやSの人に比べて、早い傾向があるようなので、それを譲歩し合ったりとか。

あと、これらのタイプを1人が複数持っていることもあるんですよ。2つかもしれませんし、3つかもしれません。そういう人は矛盾に苦しむこともあるみたいですね。考えていることと行動が合っていなくて、うーむ。。。となったり、同時に正反対のことを思って大変だったり。

自分もそうだと思いますねー、そうだなあと思ったあなたに「ラストホープ」第8話から小日向文世さんの言葉を送ります。

    人間の感情とは
    実に複雑だ。

    生きようと思った次の瞬間は
    死にたいと思ったりする。

    正しいと思っても
    間違っているかも
    しれないと同時に思う。

    真逆の感情を
    常に持ち合わせている。

    その相反する
    2つの感情の中から

    覚悟を決めて
    前に進む人間の姿は美しい。

    (by 古牧 利明)

矛盾したら辛くても覚悟を決めて行きましょう。その方が美しさ高めですよ。たぶん。

めっちゃブログっぽいと思うんですけどどうですか笑